Article

横川節子著『イギリス ナショナル・トラストを旅する』

16092601

自然は美しい。でも、実は自然はただそこに存在しているだけで、その存在に美しさを見出すのは人間だったりする。自然を美しいと思う人間の存在はとても美しい。そして、その自然と調和して生活している姿もとても美しい。

自然との調和ある生活を愛した詩人ワーズワース。その意志を受け継いだ芸術家や思想家たちによって生まれたイギリスのナショナル・トラスト運動。この運動によってイギリスの何でもない自然や自然の中に佇む生活が、産業革命による工業化、商業化の波の中でも「大切なもの」として認識されるようになり、現在まで美しく保存され続けています。

Article

ハーブ畑で赤いスパイスの収穫

s_1120133

春に植え付けたトウガラシの実が真っ赤に熟して、収穫どきを迎えました。

手間がかからず、たくさんの実をつけてくれるので、とてもありがたい作物です。

早速乾燥保存のため、束ねて窓辺につるすことにしました。
飾りとしても楽しめて、長期保存もできるので重宝です。

kusabanajikan

Article

コンパニオンプランツとしてのヤロウ

s_1110902

ヤロウは、その葉の形から「ノコギリソウ」とも呼ばれていて、暑さにも寒さにも強く、放っておくと一面ヤロウになってしまいそうなくらい、とてもよく増えるハーブです。

ヤロウの根から出る分泌液には薬効があり、そばに生えている植物の病気を治し害虫から守る力があるそうです。

日野春の畑の真ん中にはヤロウがあり、ラズベリーやブラックベリーを守ってくれました。

そろそろハーブのシーズンもおわりですが、来年もまた、コンパニオンプランツとして、大活躍してくれることと思います。

kusabanajikan

Article

井形 慶子著『少ないお金で夢がかなうイギリスの小さな家』

16080301

「あなたの家のいいところは」と聞かれたら、どう答えるでしょう。庭が広い。リビングルームが広い。最新のスマートホーム。駅から近い。買い物が便利。

でも、この本に出てくるのはhomely。

homelyの意味を調べると、家庭的な、素朴な、質素な。ただ住んでいて自分がもっとも心が落ち着く場所が、自分の家の一番いいところ、ということです。

たとえば、部屋の片隅に置いた小さくて古いソファ。なんでもないけどなんだか居心地がいい。そんな場所。

イギリスでは新築より中古の家の売買が多いようですが、不動産屋さんは延べ床面積を把握していないそうです。それより、1軒1軒に作りこまれた個性的な売りがあるそうで、この家じゃなくては住みたくない、という方が並んでしまう物件も。

Size is not way of showing status. 数字で表せるものは本当の価値ではないのかもしれません。

ヨットを浮かべて川の上に住んだり、風車小屋に住んだり、灯台に住んだり。でも、風変わりな人生を送っている人かといえば、そうでもなく、ロンドンの普通のビジネスマンだったりするそうです。

まだまだ画一的なことも多い日本ですが、誰かから与えられた価値判断ではなく、自分だけの価値の基準をもっと大事にする、そんな方がこれからますます増えてきそうな気がします。

simplewotsukuru

Article

ブラックベリーの「木苺ジャム」

s_1120072

植えた覚えはなかったのですが、日野春の畑にいつの間にかブラックベリーがやってきて、元気に育っていました。
濃い色に熟した実を生で食べると、フレッシュな酸味が口の中いっぱいに広がりました。

この酸味は、ジャムには最適です。
熟した実を枝からはずして、サッと洗い、砂糖をまぶして、様子をみながら、種にも栄養分があるので濾さずにそのままで・・、電子レンジで加熱しました。
冷えるとトロトロ感がとでも良い具合に仕上がりました。ペクチンが多く含まれているそうです。

s_1120094

「木苺ジャム」の出来上がりです。

ブラックベリーの中にもさまざまな種類があるそうで、酸味の強いものと、完熟すると甘く生食にも向くものなど。
家庭菜園でも育てやすい果物で、栄養面でも抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれ、目のつかれ改善などにも効果のある栄養素が入っているそうです。

kusabanajikan