東京の樹木を634本撮影するだけのプロジェクト51/634

本日、51本まで撮影を進めました。
雑木林は人間が植えたもの。自然そのままではありませんが、自然の回復力がソデ群落やマント群落を作り上げ、本来の植生へ戻ろうとしている力を感じることができます。

スギやヒノキの人工林も、クヌギやコナラの雑木林も、人間が利用するために本来そこに生えていた木を伐採して植えたもの。しかし、そんな森のことも忘れて、価格が安いからと熱帯雨林の木材を大量に輸入し使用している現状をどう考えればよいのか。

そんな問いを自らに投げかけながら、これからも撮影は続いていきます。