自然環境に根ざさない事業はありえません

どんな事業でも、自然環境から原料を得たり、恩恵を得たりして成り立っています。
その事実を無視しないで、積極的に感謝して恩返しをすることが、事業者の最も重要な行動と考えます。

2002年から、八ヶ岳において自然農法、共生農法のデータ収集を進めています。

自然の中で作物を育てることで多くのことを学ぶことができます。自然のルールから大きく外れないように、自然の仕組みから学ぶことを大切にしています。

2006年から、使用する電力のすべてに自然エネルギーを利用しています。

日本自然エネルギー株式会社を通じて、使用する電力のすべてに自然エネルギーを利用しています。

2016年から、紙の代わりになるサービスを積極的に進めています。

大量に印刷して、配布して、廃棄される。商品を販売するだけために、サービスを紹介するためだけに。でも、代替のサービスは数多く生まれています。ウェブページ、リスティング広告、サイネージ、ショートムービー、電子書籍。GCは熱帯雨林の木を伐採しないでも、紙以上の効果を生むクリエイティブを積極的に提供しています。

美しく調和している自然にそのまま含まれること。それはGCが描く理想的な人間活動の姿です。