Article

持続可能性を高める活動をされている皆様を応援しています

身近な自然を、故郷の自然を、そしてこの地球隅々の持続可能性を高める活動をされている皆様に、広報ツールの制作、ウェブサイトの運用代行・サポートを無料または低価格でご提供しています。

ご提供先

  • 自然保護、環境保護活動をされている個人または団体
  • 無農薬・無化学肥料・地産地消の農業、パーマカルチャー、Food Forestの活動をされている個人または団体
  • 自然と文化が受け継がれていく地方社会に向けた活動をされている個人または団体
  • 持続可能な社会に向けた活動をされている個人または団体
  • 個人の力が発揮できる社会に向けた活動をされている個人または団体
  • 地域通貨を推進する活動をされている個人または団体

詳しくは こちらのページ をご覧ください。

Article

小さな鳥は小さな種を食べる

小さな鳥は小さな種を食べる。
消化されない種はその植物の知らない地に落ち、小さな芽を出す。
豊かな森の中は薄暗く、新しい芽は今は必要ない。
荒れてしまった土地では芽は育ち、土を渇きから潤いに変える。
蘇りつつある土地に、より大きな鳥がより大きな種を運ぶ。
生きることと、循環をつなぐことは、いつもひとつ。
人間にもその機能? 備え忘れることはない、はず。

2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Article

年末年始のご案内

下記の期間、株式会社GCのお問合わせ窓口をお休みいたします。
2018年12月28日(金)~2019年1月3日(木)

ウェブサポート、サーバー管理に関する業務つきましては、上記期間中も通常どおりの営業となります。

Article

web会議ツール「appear.in」でお打ち合わせできます

GCではお仕事のお打ち合わせに、アカウントのやりとりやアプリのインストールが不要で、ブラウザにURLを入力するだけで利用可能なweb会議ツール「appear.in」を利用しています。

同時にお打ち合わせできる人数は12名まで。ビデオ会議をご希望の際はお気軽にお知らせください。

「appear.in」はノルウェーの電話会社、Telenor Digitalの社内プロジェクトチームにより開発・運営されています。

Article

GCの地方移転を進めています

古くからの叡知と、より多くの生き物にあふれ、より多くのこころ温かい体験を予感できる、自然が多い地方への移転作業を進めています。

移転先は現在地からそれほどは遠くない予定です。お客様にはこれまで以上のサービスをご提供いたします。

Article

本日は『エゴマの葉』が入荷しています 2018-8-17

『エゴマの葉』

そのほかに、
『大きな緑ナス』
『つやつやのナス』
『にんにく』
『丸オクラ(赤、緑)』
『キュウリ』
『キタアカリ』
『赤タマネギ』
も販売しています。

ぜひ、FIOさんのとれたて野菜の美しさを目で見て、そして味わってみてください。
すべて無農薬、無化学肥料の自然な野菜たちです。
ご来店、お待ちしています。

野菜直売OPEN
金曜日 15:00~19:00
土曜日 7:00~10:00
GCBOOKCAFEにて。
(売切れになり次第、終了いたします)

Article

本日 FIOの野菜販売しています 2018-8-10

本日のFIOさんからのとれたて野菜は、
『にんにく』『丸オクラ』『キュウリ』

『コリンキーカボチャ』

『大きな緑のナス』と『ナス』もあります。

店外には『キタアカリ』『赤タマネギ』も並んでいます。

無農薬、無化学肥料の自然な野菜をぜひ味わってみてください。
ご来店、お待ちしています。

野菜直売OPEN
金曜日 15:00~19:00
土曜日 7:00~10:00
GCBOOKCAFEにて。
(売切れになり次第、終了いたします)

Article

本日のとれたて野菜の販売 2018-07-27

無農薬、無化学肥料の自然な野菜たちが並んでいます。


『カラフルキャロット』4色
『キュウリ』
『赤タマネギ』、『キタアカリ』、ピンクのジャガイモ『ノーザンルビー』もあります。


『大きな緑のナス』と『ナス』


生食できる『丸オクラ』『赤丸オクラ』

多摩センターの宅地開発をされずに残った農地で作られる、無農薬、無化学肥料の自然な野菜たち。
ご来店、お待ちしています。

野菜直売OPEN
金曜日 15:00~19:00
土曜日 7:00~10:00
GCBOOKCAFE店頭にて。
(売切れになり次第、終了いたします)

Article

八王子のFIOさんの野菜、売ってます。

野菜の直売、始めました。多摩センターの宅地開発を免れた農地で作られる、無農薬、無化学肥料の自然な野菜たち。

お近くにお立ち寄りの際はぜひその美しい野菜たちをご覧ください。そして、多くの方に八王子の自然な野菜のことをお伝えください。

野菜直売OPEN
金曜日 15:00~19:00
土曜日 7:00~10:00
GCBOOKCAFE店頭にて。
(売切れになり次第、終了いたします)

Article

東京の樹木を634本撮影するプロジェクト

634本。ただ静かに1本の木の前に佇み、見えない根のことを考え、目の前の幹と会話し、大きく空に広げた枝葉に耳を傾ける。

雑木林や畑がもっと身近にあれば、自分の食べ物が、自分の生活に必要なものが、どこから供給されているのかを感じていられる。そして機能だけではない生命のつながりの1つとしての人間を忘れないでいられる。

逆に人間の生活が自然から遠ざかるほど、地球上には人間だけが存在し、人間だけがこの世界を動かしていると勘違いをしてしまう。

[Read more]

Article

阿部健一編『生物多様性―子どもたちにどう伝えるか―』

多様であること、それは混沌とは違う。
画一であること、それは調和とは異なる。

多様であることの大切さを言葉で説明することは難しい。

自然界は多様さによって成り立っている。
人間の生命も自然界の多様性の網に含まれている。
地球上の生命が多様で無くなるほど、地球上のすべての生命は危機に瀕する。
人種や文化の多様性が人間の感覚をより高度なものに進化させている。

すべての進化は多様さが増えるということ。
すべての退化は多様さが減少するということ。

多様なままでひとつに調和することの美しさ。
強制的な力によって画一化されることの醜さ。

多様性の美しさを子どもたちと一緒に考える、
そんな機会がますます増えることを望みます。

Article

フリー素材に小さな生命を追加しました

GCでは森や川、畑、海、動物、植物、昆虫、空、星、そして自然と共生するライフスタイルの映像、画像を順次、CC0ライセンスで公開いたします。

今回の映像は山梨、東京、神奈川で撮影しました小さな生命の映像、画像をCC0ライセンスにて公開いたしました。
CC0の映像、画像は著作権による制限を気にせず、誰でも自由に、作品を利用、改変することができます。
下記のURLからどうぞご自由にご利用ください。
https://www.flickr.com/photos/31708219@N00/albums/72157683620986276
[Read more]

Article

野本寛一著『神々の風景 信仰環境論の試み』

「神々の風景」は総じて変貌が著しい。それは衰微・荒廃してきているといって間違いない。その変貌と衰微は日本人の「神」の衰微であり、日本人の「心」の反映にほかならない。すべての環境問題の起点はここにある。自然のなかに神を見、その自然と謙虚に対座し、自然の恵みに感謝するという日本人の自然観・民俗モラルが揺らぎ、衰えてきているのである。かつて、われわれの先人たちは、折にふれて「聖性地形」のなかに身を置き、身と魂を洗い、汚れた心身を清め、魂の衰えを充たし、おのれを蘇生させてきた。そうした魂の原郷は、いかにしても次代に手渡してゆかなければならないと思う。(緒言 信仰環境論の視角より)

この本が出版されたのが1990年。それから四半世紀が経過し、日本だけでなく世界の「神々の風景」を破壊し続けているのが今の日本の現状とも言えます。しかし、経済を最重要とするこれまでの考え方から脱却して、古より受け継がれてきた自然観や民俗モラルをもう一度大切にしようという萌芽も現れてきています。その芽を殖やしていくためにも、先人たちが大切にしてきた「自然の中の聖地」を勉強するきっかけをこの本は提供してくれます。そして、実際にそれらの聖地に足を運び、心で直に観じるところから、本当に大事にしなくてはいけないものが見えてくるのかもしれません。

Article

カフェの庭に咲いたガクアジサイ

今年は一つの株に、ブルー系、ピンク系、そしてブルーとピンクのグラデーション、と多彩な色が咲いています。

ガクアジサイの原産は、日本なのだそうで、これを改良して、まぁるい手毬のような「アジサイ」や、最初にフランスで改良されたと言われている「セイヨウアジサイ」が誕生したのだとか。。。

土壌が酸性の場合はブルー系、アルカリ性の場合は赤系が咲き、同じ株でも色が異なるのは、根から送られるアルミニウムの量の違いからだそうです。