Article

web会議ツール「appear.in」でお打ち合わせできます

GCではお仕事のお打ち合わせに、アカウントのやりとりやアプリのインストールが不要で、ブラウザにURLを入力するだけで利用可能なweb会議ツール「appear.in」を利用しています。

同時にお打ち合わせできる人数は12名まで。ビデオ会議をご希望の際はお気軽にお知らせください。

「appear.in」はノルウェーの電話会社、Telenor Digitalの社内プロジェクトチームにより開発・運営されています。

Article

GCの地方移転を進めています

古くからの叡知と、より多くの生き物にあふれ、より多くのこころ温かい体験を予感できる、自然が多い地方への移転作業を進めています。

移転先は現在地からそれほどは遠くない予定です。お客様にはこれまで以上のサービスをご提供いたします。

Article

本日は『エゴマの葉』が入荷しています 2018-8-17

『エゴマの葉』

そのほかに、
『大きな緑ナス』
『つやつやのナス』
『にんにく』
『丸オクラ(赤、緑)』
『キュウリ』
『キタアカリ』
『赤タマネギ』
も販売しています。

ぜひ、FIOさんのとれたて野菜の美しさを目で見て、そして味わってみてください。
すべて無農薬、無化学肥料の自然な野菜たちです。
ご来店、お待ちしています。

野菜直売OPEN
金曜日 15:00~19:00
土曜日 7:00~10:00
GCBOOKCAFEにて。
(売切れになり次第、終了いたします)

Article

本日 FIOの野菜販売しています 2018-8-10

本日のFIOさんからのとれたて野菜は、
『にんにく』『丸オクラ』『キュウリ』

『コリンキーカボチャ』

『大きな緑のナス』と『ナス』もあります。

店外には『キタアカリ』『赤タマネギ』も並んでいます。

無農薬、無化学肥料の自然な野菜をぜひ味わってみてください。
ご来店、お待ちしています。

野菜直売OPEN
金曜日 15:00~19:00
土曜日 7:00~10:00
GCBOOKCAFEにて。
(売切れになり次第、終了いたします)

Article

本日のとれたて野菜の販売 2018-07-27

無農薬、無化学肥料の自然な野菜たちが並んでいます。


『カラフルキャロット』4色
『キュウリ』
『赤タマネギ』、『キタアカリ』、ピンクのジャガイモ『ノーザンルビー』もあります。


『大きな緑のナス』と『ナス』


生食できる『丸オクラ』『赤丸オクラ』

多摩センターの宅地開発をされずに残った農地で作られる、無農薬、無化学肥料の自然な野菜たち。
ご来店、お待ちしています。

野菜直売OPEN
金曜日 15:00~19:00
土曜日 7:00~10:00
GCBOOKCAFE店頭にて。
(売切れになり次第、終了いたします)

Article

八王子のFIOさんの野菜、売ってます。

野菜の直売、始めました。多摩センターの宅地開発を免れた農地で作られる、無農薬、無化学肥料の自然な野菜たち。

お近くにお立ち寄りの際はぜひその美しい野菜たちをご覧ください。そして、多くの方に八王子の自然な野菜のことをお伝えください。

野菜直売OPEN
金曜日 15:00~19:00
土曜日 7:00~10:00
GCBOOKCAFE店頭にて。
(売切れになり次第、終了いたします)

Article

東京の樹木を634本撮影するプロジェクト

634本。ただ静かに1本の木の前に佇み、見えない根のことを考え、目の前の幹と会話し、大きく空に広げた枝葉に耳を傾ける。

雑木林や畑がもっと身近にあれば、自分の食べ物が、自分の生活に必要なものが、どこから供給されているのかを感じていられる。そして機能だけではない生命のつながりの1つとしての人間を忘れないでいられる。

逆に人間の生活が自然から遠ざかるほど、地球上には人間だけが存在し、人間だけがこの世界を動かしていると勘違いをしてしまう。

[Read more]

Article

阿部健一編『生物多様性―子どもたちにどう伝えるか―』

多様であること、それは混沌とは違う。
画一であること、それは調和とは異なる。

多様であることの大切さを言葉で説明することは難しい。

自然界は多様さによって成り立っている。
人間の生命も自然界の多様性の網に含まれている。
地球上の生命が多様で無くなるほど、地球上のすべての生命は危機に瀕する。
人種や文化の多様性が人間の感覚をより高度なものに進化させている。

すべての進化は多様さが増えるということ。
すべての退化は多様さが減少するということ。

多様なままでひとつに調和することの美しさ。
強制的な力によって画一化されることの醜さ。

多様性の美しさを子どもたちと一緒に考える、
そんな機会がますます増えることを望みます。

Article

フリー素材に小さな生命を追加しました

GCでは森や川、畑、海、動物、植物、昆虫、空、星、そして自然と共生するライフスタイルの映像、画像を順次、CC0ライセンスで公開いたします。

今回の映像は山梨、東京、神奈川で撮影しました小さな生命の映像、画像をCC0ライセンスにて公開いたしました。
CC0の映像、画像は著作権による制限を気にせず、誰でも自由に、作品を利用、改変することができます。
下記のURLからどうぞご自由にご利用ください。
https://www.flickr.com/photos/31708219@N00/albums/72157683620986276
[Read more]

Article

野本寛一著『神々の風景 信仰環境論の試み』

「神々の風景」は総じて変貌が著しい。それは衰微・荒廃してきているといって間違いない。その変貌と衰微は日本人の「神」の衰微であり、日本人の「心」の反映にほかならない。すべての環境問題の起点はここにある。自然のなかに神を見、その自然と謙虚に対座し、自然の恵みに感謝するという日本人の自然観・民俗モラルが揺らぎ、衰えてきているのである。かつて、われわれの先人たちは、折にふれて「聖性地形」のなかに身を置き、身と魂を洗い、汚れた心身を清め、魂の衰えを充たし、おのれを蘇生させてきた。そうした魂の原郷は、いかにしても次代に手渡してゆかなければならないと思う。(緒言 信仰環境論の視角より)

この本が出版されたのが1990年。それから四半世紀が経過し、日本だけでなく世界の「神々の風景」を破壊し続けているのが今の日本の現状とも言えます。しかし、経済を最重要とするこれまでの考え方から脱却して、古より受け継がれてきた自然観や民俗モラルをもう一度大切にしようという萌芽も現れてきています。その芽を殖やしていくためにも、先人たちが大切にしてきた「自然の中の聖地」を勉強するきっかけをこの本は提供してくれます。そして、実際にそれらの聖地に足を運び、心で直に観じるところから、本当に大事にしなくてはいけないものが見えてくるのかもしれません。

Article

カフェの庭に咲いたガクアジサイ

今年は一つの株に、ブルー系、ピンク系、そしてブルーとピンクのグラデーション、と多彩な色が咲いています。

ガクアジサイの原産は、日本なのだそうで、これを改良して、まぁるい手毬のような「アジサイ」や、最初にフランスで改良されたと言われている「セイヨウアジサイ」が誕生したのだとか。。。

土壌が酸性の場合はブルー系、アルカリ性の場合は赤系が咲き、同じ株でも色が異なるのは、根から送られるアルミニウムの量の違いからだそうです。

Article

フリー素材に野草を追加しました

GCでは森や川、畑、海、動物、植物、昆虫、空、星、そして自然と共生するライフスタイルの映像、画像を順次、CC0ライセンスで公開いたします。

今回の映像は山梨県内で撮影しました雑草と言われる野草の映像、画像をCC0ライセンスにて公開いたしました。
CC0の映像、画像は著作権による制限を気にせず、誰でも自由に、作品を利用、改変することができます。
下記のURLからどうぞご自由にご利用ください。
https://www.flickr.com/photos/31708219@N00/albums/72157683620986276
[Read more]

Article

ドクダミの開花

庭の日陰の様々な野草の中で咲くドクダミは、凛として、息をのむほどの美しさを放っていました。
4枚の花びらのように見える部分は、つぼみを包んでいた葉で、総苞片と呼ばれるものです。

半耐寒性(−10℃まで)の多年草で、霜が降りる頃になるとすっかり枯れて地上部は姿を消しますが、春、桜の開花時期になるとまた芽を出し、初夏から夏にかけて花を咲かせます。半日陰から日陰を好む草で、地下茎で広がり、増えていきます。

開花期は、有効成分が最も多く含まれる時期で、別名ジュウヤクとも呼ばれ、全草を刈り取って乾燥保存し、解熱、解毒、利尿や湿疹薬に使われるそうです。
身近なところでは、化粧水、お茶、薬湯、としても使われていますね。
また、若葉を高温で揚げて天ぷらにすると匂いが消えて、おいしいくいただけるそうです。

英語では、魚のような匂いから「Fish mint」とも呼ばれています。

Article

菊池 木乃実著『木を植える男 ポール・コールマン 4万1000キロ徒歩の旅 』

1人が行動しても、世界はほとんど何も変わらない。
1本の木を植えても、世界はほとんど何も変わらない。

もともと自分たちのものでもない自然を自分のものと勘違いし、
森を破壊し、海を破壊し、清浄な空気を破壊し、
すべてを使い果たし、
わずかに残った資源をめぐって最後まで争いを続ける。

地球が許してくれる範囲を、精巧なシステムを、
自分たちでますます狭く不自由に改変し、
狭い檻の中で覇権を争う。

誰かが声高に叫ぶ。
1人が行動しても、世界はほとんど何も変わらない。

でも、それは彼に対しては何の影響も与えなかった。
なぜなら、変わるから行動するのではないから。
自分の中の本当の声に従って、ただ行動をしているだけだから。

たった1人の行動でも、世界は変わる。
たった1本の植樹でも、必ず世界は変わる。

そんな希望をもらうことのできる1冊です。