Article

阿部健一編『生物多様性―子どもたちにどう伝えるか―』

多様であること、それは混沌とは違う。
画一であること、それは調和とは異なる。

多様であることの大切さを言葉で説明することは難しい。

自然界は多様さによって成り立っている。
人間の生命も自然界の多様性の網に含まれている。
地球上の生命が多様で無くなるほど、地球上のすべての生命は危機に瀕する。
人種や文化の多様性が人間の感覚をより高度なものに進化させている。

すべての進化は多様さが増えるということ。
すべての退化は多様さが減少するということ。

多様なままでひとつに調和することの美しさ。
強制的な力によって画一化されることの醜さ。

多様性の美しさを子どもたちと一緒に考える、
そんな機会がますます増えることを望みます。