Article

カフェの庭に咲く花たち

四季咲きアカシア

イタリアンパセリ

アフリカンブルー・バジル

GCBOOKCAFEの庭では、

四季咲きアカシアのフワフワのペールイエローの小さな花々が、甘い香りを放っています。

イタリアンパセリは、2年草で、昨年中は葉を少しずつ収穫して料理に使いました。そして一通り四季を経て、今花が咲き始めました。

アフリカンブルー・バジルは、バジルには珍しい多年草です。バジル特有のさわやかな香り、そして紫がかった葉が美しく、料理にも利用できるハーブです。

Article

フリー素材に新緑を追加しました

GCでは森や川、畑、海、動物、植物、昆虫、空、星、そして自然と共生するライフスタイルの映像、画像を順次、CC0ライセンスで公開いたします。

今回の映像は山梨県内の新緑の映像をCC0ライセンスにて公開いたしました。
CC0の映像、画像は著作権による制限を気にせず、誰でも自由に、作品を利用、改変することができます。
下記のURLからどうぞご自由にご利用ください。
https://www.flickr.com/photos/31708219@N00/albums/72157683620986276
[Read more]

Article

フリー素材に渓流を追加しました

GCでは森や川、畑、海、動物、植物、昆虫、空、星、そして自然と共生するライフスタイルの映像、画像を順次、CC0ライセンスで公開いたします。

今回の映像は山梨県内の渓流の映像をCC0ライセンスにて公開いたしました。
CC0の映像、画像は著作権による制限を気にせず、誰でも自由に、作品を利用、改変することができます。
下記のURLからどうぞご自由にご利用ください。
https://www.flickr.com/photos/31708219@N00/albums/72157683620986276
[Read more]

Article

自然菜園の映像をCC0で配布しています

GCでは森や川、畑、海、動物、植物、昆虫、空、星、そして自然と共生するライフスタイルの映像、画像を順次、CC0ライセンスで公開いたします。

今回の映像は山梨県内で自ら育てている自然菜園の映像をCC0ライセンスにて公開いたしました。
CC0の映像、画像は著作権による制限を気にせず、誰でも自由に、作品を利用、改変することができます。
下記のURLからどうぞご自由にご利用ください。
https://www.flickr.com/photos/31708219@N00/albums/72157683620986276
[Read more]

Article

稲の収穫

web_1120408

秋、ベランダの小さな田んぼの稲穂たちもみな、あたまを垂れて、収穫を待っていました。
10月の晴れた日を選んで、稲刈りをすることにしました。

刈り取ったばかりの籾は水分が多く、そのままにしておくと、腐ったり、芽が出たりしてしまうそうなので、ひとつかみずつに束ねた稲たちを、軒下で、逆さに吊るして10日間ほど乾燥させました。

乾燥がおわって稲からはずした籾は、おおきめのジャムの瓶の口までいっぱいに獲れました。
そして、脱穀したあとの稲は、来年の畑で「敷き藁」として使うことにしました。

s_p1120131

稲作は、米(主食)の収穫だけでなく、藁や糠 、米のとぎ汁などの副産物までも無駄なく利用する、という循環型のライフスタイルの実践ともいえますね。

Article

すべての会議をペーパーレスに

会議で紙を配る光景は遠い過去のものに。ワード、エクセル、パワーポイントをブラウザからアップロードするだけで自動でPDFに変換して、LAN内のiPad、タブレットで閲覧できます。

1つの会議に1つのフォルダー。鍵をかけられるフォルダーにはオフィスデータの他に動画や画像、会議で必要な資料をすべてここに。

紙をなるべく使わない社会のために。この製品はdigitsにて販売しています。

Article

稲本正(著) 姉崎一馬(写真)『森の旅 森の人』

s_1120181

いくら自然を守るためでも極端なのは違う感じがする、と稲本さんは言います。それは「自然」な雰囲気では無いからかもしれません。

自然のことを全く考えないで資源を浪費する人たち。逆に、自然のみを第一にして人間の生活をすべて否定する人たち。すべてを0か1にジャッジする文化であれば、その二択は普通のことかもしれません。しかし、感覚的な感想ですが、特に日本やアジア地域においては、もう少し曖昧というか、全てを包容するような考え方のほうがしっくりくる人たちも多いような気がします。

この本のように、日本全国の森を実際に見て、そこで暮らす人たちと実際にお会いして、都市と森林の関係について、人間と森林の関係について、自然と人間を含むこの世界全体について、自分の経験と情報と感覚を増やしていく。そうすることで「自然」に、自然と人間とのあるべき関係が見えて来そうな気がします。

稲本さんはこの本の中で東京のような都会に暮らすことは必ずしも否定しない、と書いています。しかし、東京から見える富士山も大事にして欲しい、と。いつもそこに自然の懐があること忘れない。そうすることで自然と共存した人間の暮らし方を「自然」に選んでいけるのかもしれません。

Article

ドクダミ(fishherb)

s_1120149

6月、密生した濃い緑の葉の上に白い花びらのように見える総苞片が一面にひろがり、その中心に棒状に小さな淡い黄色く密集した花が開花し始めます。

ドクダミの精油の成分には、デカノイルアセトアルデヒドという、「抗菌、殺菌作用」のある物質が含まれており、ドクダミ特有の香りの正体はこの成分なのです。
その他にもさまざまな有効成分が含まれ、別名ジュウヤク(十薬・重薬)とも呼ばれているそうです。

今年、この精油の一番旺盛な時期に、ドクダミ風呂を始めまてみました。
一枝分くらいの生の葉を4つにちぎってお茶パックにつめ、お風呂にうかべます。湯舟につかりながらパックをもみほぐすと、バスルームいっぱいに精油成分がひろがります。
湯舟のお湯はまろやかな感じになりました。保湿効果や保温効果もあるそうです。

多年草のドクダミは、半日陰の湿った場所を好むとても繁殖力の強い植物で、春から夏にかけて、庭一面にひろがり、とても重宝しました。
これからの季節は、夏のあいだに収穫しておいた乾燥葉を使います。

乾燥した葉は、特有の香りはなくなり薬効は少なくなるようですが、少しずつ束にして窓辺に吊したドクダミに囲まれているだけで、なんとなく癒される感じがします。

ドクダミは、「fishherb」「fishmint」などと呼ばれて海外でもとても大切にされているそうです。

Article

横川節子著『イギリス ナショナル・トラストを旅する』

16092601

自然は美しい。でも、実は自然はただそこに存在しているだけで、その存在に美しさを見出すのは人間だったりする。自然を美しいと思う人間の存在はとても美しい。そして、その自然と調和して生活している姿もとても美しい。

自然との調和ある生活を愛した詩人ワーズワース。その意志を受け継いだ芸術家や思想家たちによって生まれたイギリスのナショナル・トラスト運動。この運動によってイギリスの何でもない自然や自然の中に佇む生活が、産業革命による工業化、商業化の波の中でも「大切なもの」として認識されるようになり、現在まで美しく保存され続けています。

Article

ハーブ畑で赤いスパイスの収穫

s_1120133

春に植え付けたトウガラシの実が真っ赤に熟して、収穫どきを迎えました。

手間がかからず、たくさんの実をつけてくれるので、とてもありがたい作物です。

早速乾燥保存のため、束ねて窓辺につるすことにしました。
飾りとしても楽しめて、長期保存もできるので重宝です。

Article

コンパニオンプランツとしてのヤロウ

s_1110902

ヤロウは、その葉の形から「ノコギリソウ」とも呼ばれていて、暑さにも寒さにも強く、放っておくと一面ヤロウになってしまいそうなくらい、とてもよく増えるハーブです。

ヤロウの根から出る分泌液には薬効があり、そばに生えている植物の病気を治し害虫から守る力があるそうです。

日野春の畑の真ん中にはヤロウがあり、ラズベリーやブラックベリーを守ってくれました。

そろそろハーブのシーズンもおわりですが、来年もまた、コンパニオンプランツとして、大活躍してくれることと思います。

Article

井形 慶子著『少ないお金で夢がかなうイギリスの小さな家』

16080301

「あなたの家のいいところは」と聞かれたら、どう答えるでしょう。庭が広い。リビングルームが広い。最新のスマートホーム。駅から近い。買い物が便利。

でも、この本に出てくるのはhomely。

homelyの意味を調べると、家庭的な、素朴な、質素な。ただ住んでいて自分がもっとも心が落ち着く場所が、自分の家の一番いいところ、ということです。

たとえば、部屋の片隅に置いた小さくて古いソファ。なんでもないけどなんだか居心地がいい。そんな場所。

イギリスでは新築より中古の家の売買が多いようですが、不動産屋さんは延べ床面積を把握していないそうです。それより、1軒1軒に作りこまれた個性的な売りがあるそうで、この家じゃなくては住みたくない、という方が並んでしまう物件も。

Size is not way of showing status. 数字で表せるものは本当の価値ではないのかもしれません。

ヨットを浮かべて川の上に住んだり、風車小屋に住んだり、灯台に住んだり。でも、風変わりな人生を送っている人かといえば、そうでもなく、ロンドンの普通のビジネスマンだったりするそうです。

まだまだ画一的なことも多い日本ですが、誰かから与えられた価値判断ではなく、自分だけの価値の基準をもっと大事にする、そんな方がこれからますます増えてきそうな気がします。

Article

ブラックベリーの「木苺ジャム」

s_1120072

植えた覚えはなかったのですが、日野春の畑にいつの間にかブラックベリーがやってきて、元気に育っていました。
濃い色に熟した実を生で食べると、フレッシュな酸味が口の中いっぱいに広がりました。

この酸味は、ジャムには最適です。
熟した実を枝からはずして、サッと洗い、砂糖をまぶして、様子をみながら、種にも栄養分があるので濾さずにそのままで・・、電子レンジで加熱しました。
冷えるとトロトロ感がとでも良い具合に仕上がりました。ペクチンが多く含まれているそうです。

s_1120094

「木苺ジャム」の出来上がりです。

ブラックベリーの中にもさまざまな種類があるそうで、酸味の強いものと、完熟すると甘く生食にも向くものなど。
家庭菜園でも育てやすい果物で、栄養面でも抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれ、目のつかれ改善などにも効果のある栄養素が入っているそうです。

Article

ヒヨドリの巣立ち

sP1120092

6月25日。ヒヨドリがBOOKCAFEの前のブルーアイスに巣作りを始めておよそ1ヵ月。

今日、偶然にも庭の手入れをしようと外に出たとき、4羽のヒナたちが巣のすぐとなりの枝から、一斉に飛び立っていく姿を見ることができました。

写真のヒナは、このあとすぐに親鳥の鳴き声に呼ばれて、少し離れたこんもりとした木の中に飛んでいきました。

少し寂しくなりましたが、すくすくと大きく育ってくれるといいな、と思っています。

そして、BOOKCAFEのお店の入り口は、久しぶりに開けることができました。

Article

「穴守稲荷」駅前、はねだぷりんのブックカフェ羽月(うづき)さん

自転車で走っていてふと見つけてしまったブックカフェ。「BookCafe羽月(うづき)」さんは、昭和30年に初代が「食堂半分・書店半分」の店を開いたのが始まりだそうです。

実はここテレビでも紹介されたことのある「はねだぷりん」でも有名なお店なのでした。

_1120003

やさしい引き戸に誘われて店内に入ると、書店時代からの書棚に本がずらり。カフェでゆっくりくつろぎながら、そんな本たちを自由に読むことができます。

趣味の本や漫画や雑誌、アート本や志賀直哉全集もあったり、まさに本屋さんの中でのんびりできる感じ。そして、漫画「王家の紋章」の細川智栄子さんの直筆画も飾られていたり・・・と、ほんとに楽しい。

三世代にわたってコレクトされた蔵書に囲まれていると、今流行りのブックカフェともまた一味ちがう、どこか懐かしいような、親しみやすさとあたたかさを感じます。もちろん、新刊書や古書の販売もしています。

_1120034

いつもは厨房で腕を振るっていることが多いという店主の安武さんとお話ができました。

「・・・地元密着でやってきました。この場所で店を始めて私で3代目ですが、ここまでやってこられたのは、住民の皆さんのおかげです。

実は、もともとここにいたわけではないんです。米軍が空港を拡張して使うために昭和20年の9月、もと居た場所からGHQによってたった2日間で強制的に立ち退きになりまして、多くの住民の方と、穴守稲荷さんと一緒にこちらに移ってきたんです。
住民の方々に助けていただいたおかげで今があるんです。
羽田の知られざる歴史です。今はもう絶版になっているのですが、そのことを描いた絵本を、お店でお読みいただけます。

・・・6年前に改装して書店の奥でカフェをはじめて、少しずつカフェのスペースを広げたんです。
これからも地元の方々に何か恩返しをしていきたい、という気持ちが強いですね。」

「はねだぷりん」(写真は「大地」) 濃厚でなめらかな「大地」 昔ながらのカスタード「大空」 柔らかな食感の「幸福ミルク」

「はねだぷりん」(写真は「大地」)
濃厚でなめらかな「大地」
昔ながらのカスタード「大空」
柔らかな食感の「幸福ミルク」

「はねだぷりんの存在がカフェを開かせてくれたんですよ。」と、安武さん。

「近くで居酒屋さんをしていた方が開発されたプリンなんです。その方の、駅前にお店を出したいという思いと、私の方でも、何かもっと地元の方に喜んでもらえる方法はないか?と考えていたところでしたので、その思いが一つになって、販売することになったんです。」

最近では、ワインの試飲会やクラシックのコンサートなどを開いて、地元の活性化にも力を入れているそうです。

厳選した材料をつかって、店主みずから丁寧に手作りしている「はねだぷりん」は、ひとくちで思わず笑顔になってしまう、本物の美味しさ。そして、「多くの人たちにもっと本に触れてもらいたいと思っています。」という安武さんの言葉が、とても印象に残りました。

美味しいプリンとこの心地よさを味わいに、またぜひ立ち寄ってみようと思います。


お店へのアクセス
品川駅から「京急空港線」で15分。 「穴守稲荷」駅前、徒歩0分です。
〒144−0043東京都大田区羽田4-5-1
TEL:03-3741-1817
東京土産にもぜひどうぞ。

営業時間
平日 8:00~21:00
土曜 10:00~21:00
祝日 11:00~19:00

安武さんのブログサイトはこちらです。
http://ameblo.jp/syotentaisyou207/

Article

水田のこと。

写真は田植え時

写真は田植え時

いよいよ水田が美しい季節になってきました。
ベランダの小さな水田でも種から育てた稲が元気に育っています。

稲作は、温室効果ガスである二酸化炭素を吸収することに貢献しているそうです。 その反面、二酸化炭素よりも温室効果が高いとされるメタンガスが発生する、という問題もあるそうです。

田んぼの土の中には酸素が少ないとメタンを作る微生物が住んでいて、水を張ると土の中の酸素が少なくなって、メタンガスが発生します。田んぼの水を「張る」と「抜く」を繰り返し、田んぼの土を酸素に触れさせる機会を作ると、メタンガスの発生量を抑える効果がある、ということです。

ベランダの小さな水田も、ときどき、土が水に浸っていない状態にして、空気に触れさせる機会を作っています。

農薬を使わず、藻や水草が茂って、様々な生き物が棲めるようになれば、水の中が活性化されて、メタンガスの発生も抑えられるのだそうです。

Article

昆虫を求めて世界へ 佐藤 勝さん

昆虫を求めて世界中を駆け巡っている、「昆虫博士」である佐藤勝さんにお話をうかがってみました。

01

GC「昆虫に関して、いままでで一番嬉しかったことは何ですか?」

南大東島でヒサマツサイカブトというカブトムシを見つけて、新種として認可されたことが、とびあがるようにうれしかったですね。

生まれたときから昆虫が好きで、40年あまりその道一本で虫を追いかけてきました。挫折せずに続けてきて良かった、という思いです。

GC「新種を見つけたことがきっかけで、本を出版されたそうですね?」

新種を見つけたことが新聞の記事になったんです。でも、それだけでは物足りない気がしましたので本を出しました。たくさんの方々に読んでいただきたいです。

「珍虫ハンターの海外旅行記」(文芸社刊)

「珍虫ハンターの海外旅行記」(文芸社刊)

GC「本のお話をもう少し聞かせてください。」

海外で新種を見つけたい、という思いから、世界80カ国あまりを訪問した「旅行記」になっています。
昆虫以外にも、リゾート地や、観光、グルメも載っています。昆虫というと苦手で敬遠する人も多いですからね。(笑)
海外旅行の観光案内としても、利用していただける内容になっています。

GC「ところで、少年時代と大人になってから、昆虫との関わりで変わったことはありますか?」

子どものころは、昆虫だったらなんでも、という感じで、アミ(補虫網)を使って、蝶とかトンボを追いかけていました。
18才のころから標本を作り始めたのですが、そのあたりから、アミを持っていると笑われたりしまして・・・、恥ずかしさもありましたので、
アミを使わずとれるムシですね、カブトムシ、クワガタムシ、コガネムシ、カミキリムシを追いかけるようになりました。

GC「昆虫の魅力をおしえてください。」

タマムシやコガネムシの色の美しさ。カミキリムシではルリボシカミキリという水色の美しいムシがいます。クワガタムシやカブトムシは色は地味ですが、強靭なボディが魅力です。
中でもカミキリムシは種類も多いのでこれからも追い続けていきたいです。

03

GC「今後の希望や夢をお聞かせください。」

今の目標は世界100カ国を訪問することです。
現在日本以外で、96カ国に行きましたので、「マジック4」です!
今度の夏休みには到達する予定です。
もちろん、海外でも新種を見つけたいです。

そのあとの目標は、101カ国目の旅行で、プロポーズをしたいですね。
「101カ国目のプロポーズ」です。今はまだお相手はおりませんが・・・。
「昆虫と結婚したら?」などとよく言われるのですが、昆虫と結婚する気はありませんからっ!

それと、いつか珍獣ハンター・イモト(イモト アヤコ)さんとテレビで共演してみたいです。
自分は?もちろん「珍虫ハンター」としてですっ!

GC「それは楽しみです! 本日は、ありがとうございました。」

「珍虫ハンターの海外旅行記」(文芸社刊)はこちらで購入できます。http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-15152-6.jsp

佐藤勝(さとうまさる)さんのプロフィール
1974年9月27日東京都調布市生まれ
東洋大学短期大学英文学科卒業

Article

ベランダで菜園

16071001

16071002

16071003

緑の風が吹いてる。

遠くに山々が広がって見える。

稲もぐんぐん伸びてる。

ゴーヤーのプランターには、ゴーヤー以外のざまざまな草たちも伸びて、ジャングルみたいな世界を見せてくれています。

バジルの甘い香りと、ローズマリーのさわやかな香りに、いつまでも吹かれてたい気分になりました。

Article

さくらんぼのクラフティ

_1110998

季節の果物を使ったクラフティは、定番のおやつです。
今の季節はさくらんぼ。これからの季節はブルーベリーも良いですね。
秋にはラ・フランスで作るのが今から楽しみです。

材料は、小麦粉、砂糖、卵、牛乳、そしてコーンスターチが手元になかったので、代わりに米粉を使ってみました。香りづけにラム酒を入れました。
全部まぜあわせて、耐熱皿に流し込み、さくらんぼも入れます。
200℃のオーブンで40分焼いたら、出来上がり。