Article

レイチェル カーソン『沈黙の春』

レイチェル カーソン (著) 沈黙の春

「沈黙の春」が出版されたのは50年以上前。DDT禁止のきっかけとはなったが、その後、農薬の廃止までは至らず、現代においても農薬が人間を始めとした多くの生命を害している状況は、残念ながらあまり変わっていません。

しかし、最近になって除草剤の有毒性が認められ、オランダやフランス、アルゼンチン、ブラジルなどでラウンドアップ(グリホサート)の使用が禁止されるようになりました。この動きは他の国にも広がっていくと予想されています。

除草剤として日本でもっとも販売数の多いモンサント社製の「ラウンドアップ」に使用されている化学物質「グリホサート」に、世代を超えた毒性リスクがあることが判明

毛髪検査で国会議員ら28人中21人から農薬等13成分が検出!!「食の安全を考える議員連盟」設立へ~5.21体内残留農薬検査プロジェクト「デトックス・プロジェクト・ジャパン」発足

農薬の使用が長期的にどのような問題を引き起こすかについてはあまり説明されていません。しかし、知らなかったから、便利だから、みんな使用しているから、ホームセンターやドラッグストアにも普通に売ってるから、の代償は極めて大きいと言えます。

日本中から生物が消え、作物も野草も育たたず、鳥の声はなく、薬漬けの魚だけが海を泳ぐ。そんな「沈黙の世界」を子どもたちの未来に残してしまう前に、よく調べて、よく考えることが大切だと感じます。

アキアカネ(赤とんぼ)の激減は農薬も原因