自然の循環に含まれる

美しく調和している自然にそのまま含まれること。それはGCが描く理想的な人間活動の姿です。

ありがたく受け取り、プラスして次へ渡す。自然の循環に含まれる方法はとてもシンプルです。そして多くの生命がそれを自然に行っています。自然の仕組みに学ぶことで私たちGCも自然の循環に含まれる存在でありたいと行動しています。


2002年から、八ヶ岳において自然農法のデータ収集を進めています。

自然の中で作物を育てることで多くのことを学ぶことができます。自然のルールから大きく外れないように、自然の仕組みから学ぶことを大切にしています。

2006年から自然電力100%。

GCが利用する電力の100%をバイオマス発電の自然エネルギーから得ています。

2016年から、紙の代わりになるサービスを積極的に進めています。

大量に印刷して、配布して、廃棄される。商品を販売するだけために、サービスを紹介するためだけに。でも、代替のサービスは数多く生まれています。ウェブページ、リスティング広告、サイネージ、ショートムービー、電子書籍。GCは熱帯雨林の木を伐採しないでも、紙以上の効果を生むクリエイティブを積極的に提供しています。

2019年、山梨県北杜市でFood Forest活動を開始します。

大きな樹木が小さな樹木を育て、小さな樹木が多年草を育て、多年草が根菜や野菜を育て、小さな小さな草の根が大きな樹木を育てる。自然の循環が自然を育み人間の食物も生み出す、そんな森を作っていきます。